当ブログは新サイトへ移行しました。
今後ともよろしくお願い致します。


http://fxnews.fxlogin.com/



2010年06月01日

FXCMジャパン・レバレッジ規制に対する対応発表

FXCMジャパンがレバレッジ規制に対する対応方針を発表した。




◆レバレッジ規制への対応方法
<現状>
レートに関わらず、維持証拠金額は1,000通貨単位毎に2,000円
<2010年8月1日以降>
維持証拠金額 対円レート×取引通貨単位÷50を満たすように 維持証拠金額を設定。

◆維持証拠金額の種類
・現在予定されている各商品毎の維持証拠金体系および最低取引単位について
≪トレーディングステーション(プラスコースを含む)≫
上記1の計算式に基づき、維持証拠金額を設定。
※最低取引単位は1,000通貨(1k)単位となる。
≪TSタイト≫
上記1の計算式に基づき、維持証拠金額を設定。
※最低取引単位は100,000通貨(100k)単位となる。
≪FX System Selector(愛称:らくちんFX)≫
上記1の計算式に基づき、維持証拠金額を設定。
※最低取引単位は10,000通貨(10k)単位となる。

◆維持証拠金額の変更額単位
10,000通貨単位毎に1,000円単位で変更

◆維持証拠金額の変更タイミング
原則として、マーケットクローズ期間中に実施。
ただし、市場動向によりマーケットオープン時(週中)に実施することがある。
原則として、維持証拠金額の変更は公式HP等に公表する。
ただし、市場動向などにより、事前に公表せず緊急に変更することがある。

◆維持証拠金額変更の管理
維持証拠金額変更時には、余剰金額が減少し自動ロスカットが発生する可能性がある。

>>>詳細はこちら
>>>FXCMジャパンの口座開設はこちら
posted by FX記者 at 2010年06月01日 | Comment(0) | FX・スペック変更情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
過去ログ