当ブログは新サイトへ移行しました。
今後ともよろしくお願い致します。


http://fxnews.fxlogin.com/



2011年03月29日

FXCMジャパン[シストレステーション]・マニュアル改訂

FXCMジャパン[シストレステーション]がマニュアルを改訂し、追加項目が4点あると発表した。



シストレステーションマニュアルを改訂した。主な追加事項は、下記4点となる。
(1)ストップの入力レート
保有ポジションに対するストップ、または新規成行注文時に指定するストップは、現在レートから30Pips以上離れたレートを入力する必要がある。
(新規指値注文時に設定するストップは、新規指値レートから30Pips以上離れたレートを入力する必要がある)
また、システム毎にストップの設定または変更を行う場合、30Pips以上のレート入力が必要となる。
(2)T-Score算出のための条件
「開設以来」の総取引回数が50回以上のシステムのみT-Scoreが算出される。
(3)スマートフィルタ検索対象の条件
スマートフィルタでの検索対象となるためには、「開設以来」の総取引回数が100回以上必要となる。
※一部のシステムについては、「開設以来」の総取引回数が100回未満であってもスマートフィルタの検索対象となる。
(4)「システムカード」内の損益曲線の累積損益
「システムカード」の損益曲線にマウスオーバーした際、マウスオーバーした時点の取引毎の実現損益に加えて、選択期間の期初からマウスオーバーした時点までの累積損益(損益の合計を意味する;(シグマ);で表記)もあわせて表示される。

>>>詳細はこちら
>>>FXCMジャパン[シストレステーション]の口座開設はこちら
posted by FX記者 at 2011年03月29日 | Comment(0) | FX会社の新着情報をピックアップ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
過去ログ